クロスジャム LAB

170cmの私がダンクを実現させるための軌跡を記していきます。

プライオメトリクストレーニング強制進化

プライオメトリクス。。。

私がダンクを目指す上で欠かせないトレーニングです。

 

いつも通り行おうとしたところこんな状態でした。

 

もはや名指しで注意されたようなものです。(笑)

途中まで縄跳びワークをやっていて気づきました。

 

ということで本日縄跳びなしでのプライオメトリクストレーニングを行なってきました。

www.youtube.com

デプスジャンプはいつも通りなので動画では省きました。

 

解説していきます。

 

warmup 1 

基本的にはいつものを縄なしで行なってるだけです。

ちなみにそのいつもはこんな感じです。

crossjam.info

 

ということでここでは200回のジャンプを行なっています。

アップなのでジャンプの高さは身体の感覚を見て変えています。

 

warmup 2

ここでは同じく片足で10回ずつ、計200回飛んでいます。

後半は少し高めに跳ぶことでアップ兼トレーニングという感じになりました。

 

main set

メインセットは縄跳びの時と変わっています。

 

縄跳びなしだと、とにかく高さを狙えるので回数を減らしました。

二重跳びバージョンでは50回でセットを組んでいましたが40回に減らしました。

 

全然違います。

しんどいです。

 

バランスもブレぶれになってしまっていますね。

 

空中バランスにジャンプ力

また向上の兆しが見えました。

 

口酸っぱく言いますが、何事もすぐ成果はでないので地道に頑張ります。

 

縄アリとなしの違い

そもそもなぜ縄跳びを使っていたのかというところ。

別に、いきなりアンクルホップでええやんと思いますよね。

 

これが意外と難しいのです。

 

縄跳びがあるだけで何かと指標が生まれるのでワークアウトとして成立しやすくなります。

なので最初は縄跳びから始めるのがお勧めです。

 

私はある程度縄跳びで行なったので指標も身体にしみこみました。

 

では縄跳びが無くなるとどう変化するか。

 

まず、高さがでます。

二重跳びをメインセットとして行っていましたが、比べると明らかに違います。

 

脚への負担や疲労感が非常に感じられます。

 

そして高さが出るのでバランスも必要となるわけです。

 

縄を持っていないのでジャンプの時の腕も使え、よりリアルなジャンプトレーニングとなったかもしれません。

 

思わぬ形で縄跳びを使えなくなりましたが、与えられた現状でさらなる進化が見込めそうです。

 

ちなみにプライオといえば「CROSSJAM」ブランドから新作出しました。

crossjam.thebase.in

生地もしっかりしていて何よりデザインがオシャレ。

私服でも着ちゃってます。

 

良ければチェックしてみて下さい。(笑)

 

f:id:crossjam:20210130221207j:image
f:id:crossjam:20210130221211j:imagef:id:crossjam:20210201090020j:imagef:id:crossjam:20210201090036j:image