クロスジャム LAB

170cmの私がダンクを実現させるための軌跡を記していきます。

トレーニング×バスケ=?

あらゆるトレーニングを探し試しているというように記してきていますが、これらはやはり全てバスケのためのトレーニンです。じゃあそれがバスケにどう活きたか。
それを実体験をもとに記していきます。

 

目次

 

 
筋トレ


まずは基礎となる筋トレがどう活きたか、ですが、逆にいうと損したことはないと思っています。


バスケットボールという競技は接触の多いフィジカルスポーツです。
なので筋肉をつけるに越したことはないわけです。

 

筋トレをする前はひょろひょろもひょろひょろ、一目見て細身と言える身体でした。なのでもちろんコンタクトを嫌がってプレーをしていました。

 

ディフェンスシチュエーションでは吹っ飛ばされることが多く、特にポストになると押し込まれる一方でした。
しかしトレーニングをすることでポストプレーにおいての苦手意識がなくなりました。

 

170cmゴリゴリにガードなのであまりないシチュエーションではありますが。。

 


そしてやはりジャンプ力やスピードの向上が目に見えた変化の一つにも挙げられるます。

こちらの記事にもあるように筋トレを始めたことでリングに触ることが出来たので、ジャンプ力に関しては明らかでしょう。

crossjam.hatenablog.com


ジャンプシュートで意外とブロックされなかったり、逆に相手のシュートをブロックすることが増えました。

ブロック経験の少なかった私からすると守備の範囲が増えたようで楽しくなります。

 

「お前は飛べるからリバウンド絡んで」と言われることもありました。
実際リバウンドに絡むことも多少は増え、オフェンスチャンスを作り出せることも変化としてありました。


スピードの面では力強く点のスピードを向上させることができました。
これは個人的にも実感しましたし、他者から言われることもありました。


客観的意見は良くも悪くも正しいことが多いので人に言われてさらに実感したというところもあります。


鍛えていなければ、大人のバスケには通用していなかったのではとも思いました。
逆に鍛えていたおかげで大人を越えるフィジカルをてにいれました。


他に活きたことといえば、「理論的に何かを上達させる方法」です。
ここがある意味一番重要かもしれません。バスケだけでなく様々なことに活きます。

 

もともと理屈っぽい考え方を持っている私ですが、筋トレのように「こうすればこうなる」というものがはっきりしているものを実際に行うことで「理論的な考え」が固まりました。

 

例えば
ジャンプ力を上げたい→クリーンというエクササイズをやろう→クリーンのための基礎筋力をつけよう→デッドリフトをやろう→筋力をつけるために少ない回数でセットを組んでみよう→基礎筋量をつけるために10×3でやってみよう

 

のように逆算して目的に理論的に向かうようなことです。

 


それまでバスケの練習をする際何も考えず練習を行っていました。
質より量という意味ではよかったかもしれないですが、思い返すとやはり成長率は少なかったかもしれません。


あとはこの記事にあるように、モチベーションの使い方が活きました。

crossjam.hatenablog.com

中学高校と部活をやっていました。大学時代には所属していなかった私ですが、一番バスケに打ち込んでいました。
部活に所属していなかったため自らの意志で練習に行かなければなりません。
よく行っていた場所が自転車で30分行ったところでした。

 

毎週何日も自転車で30分漕ぐのは正直めんどくさいと思うことは多々ありましたが、行ったら後悔しないことや、うまくなるためにはモチベがあろうがなかろうがやるしかないというマインドを持っていくことができました。


プライオメトリクストレーニン


プライオは身体能力の向上に関して、上記の筋トレの効果をより如実に出すことが可能となりました。

メディシンボールなどを使ったこともあり身体の使い方が改善されたのではないかと思います。
メディシンボールを使ったトレーニングやプライオによって全身の連動制が高まります。それはバスケットボールに力を伝えることにもつながります。

 

NBA選手の扱うボールは軽そうですよね。
私自身はまだまだですが、ボールを筋力で扱うのではなく全身の力を上手く利用しているのだと思います。

 

私が現段階で実感しているのはロングシュートです。
確実に3Pシュートを打つ感覚が軽くなりました。

しかしまだまだ伸びしろがありそうなので楽しみです。

 

私は筋トレもプライオも全然発展途上です。このレベルでもこれだけの実感、効果があります。
参考になれば幸いです。